リユースでもっと楽しく! RECOLIFE リコライフ

値段がつかなかった衣料品は持ち帰らなきゃだめ?

セカンドストリートでは、お客さまにお持ち込みいただいた衣料品のなかで、店頭に並べることの難しいアイテムを1着1円で買い取る「ECO(エコ)かいとり」を行っております。
これらの衣料品は、さまざまな形で有効活用いたします。

「ECOかいとり」したアイテムは、当社グループ会社で一旦取りまとめた後、専門業者へ引渡します。その後、用途別に選別作業を行い、ほとんどのアイテムを何らかの形でリユース(再利用)もしくはリサイクル(再資源化)し、改めて社会に還元します。
「ECOかいとり」したアイテムは次のように利用されています。一部用途のご紹介をいたします。

海外向け中古衣料

汚れや破れ、ボタンの欠損などを確認後、性別や年代の種類ごとに130種品目に選別。アジアや中東、アフリカなどの国々に中古衣料として輸出します。

工業用雑巾(ウエス)

中古衣料にならない綿素材の衣料は、ボタンやファスナーをはずして工業用雑巾に加工します。国内の自動車工場や製鉄所、金物工具商のほか、韓国やマレーシア、シンガポール、タイなどの海外へも輸出します。

反毛ワタ

衣料品を、専用プラント機で綿状にします。このようにして生まれた反毛ワタは、ぬいぐるみや座布団の中綿に使うほか、固形化繊維を混ぜてフェルトに加工した後に、自動車の断熱材やステレオの吸音材として利用されます。さらに、糸に加工して軍手やツイードの織物に活用されることも。

固形燃料

このほかの衣料品は、海外で固形燃料に加工します。

もしかしたら、みなさんが売った衣料品が、姿を変えて活躍しているかもしれませんね。
※当社基準により「ECOかいとり」できないお品物がございます。詳しくはお近くの店舗へご連絡ください。

Good!
この記事にGood!する