リユースでもっと楽しく! RECOLIFE リコライフ

お手本にしたい!

捨てない都会的ピクニックで
オシャレに楽しもう!

気軽に楽しめるアウトドアの代名詞、ピクニック。お気に入りのお店でお弁当やお惣菜を買って手軽に楽しむのももちろんアリですが、ひと手間かけるだけでグッとオシャレでエコになるってご存知ですか? 今回はファッション誌などで活躍するスタイリストの大関涼子さんに、「オシャレで捨てない」大人のピクニックをプロデュースしていただきました! (2017年5月24日作成)

使い終わった容器をかしこく再利用

一般的にピクニックというとお店でお惣菜などを買ってから行くことも多いと思います。でも今日は「オシャレで捨てない」ピクニックということで、楽しみにしてきました。

お店で買うと包装紙などがたくさん出てしまいますし、紙皿や紙コップなどもたくさん必要になってきますよね。今日は自宅にあるものを上手に使って、「ゴミを出さない、増やさない」というだけでなく、「オシャレな大人のピクニック」を楽しんでいただけたらな、と思っています。

ゴミを出さないピクニックって環境にも優しいですし、特別感があってステキですね!

ありがとうございます。でも特別なことはしてないんですよ。自宅から持ってきた食器とリユース品を使っているだけなので。さあ、とにかく今日は楽しみましょう! まずは乾杯しましょうか!

そうですね! 乾杯!

さっそくですが、このグラスはメイソンジャーを利用されてますよね?

はい。本来は家で保存容器に使うメイソンジャーをグラスとして使ってみました。レモンの砂糖漬けとミントを中に仕込んでおいて、公園についたら水や炭酸水を入れるだけです。もともと保存容器ですので、途中でこぼれることもないですし見た目もカワイイ。メイソンジャーは使い道が豊富なのでオススメですね。

カトラリー入れとして使うアイデアも素敵ですね!

ピクニックはテーブルがないので、こうやってフォークやスプーンを立てておくと見た目もいいし、衛生的だと思います。ではでは、料理も食べちゃってください!

いただきます! このお皿も自宅から持ってこられたんですか?

そうですね。紙皿ではなく、陶器のお皿を使うだけでもグッと雰囲気が出るのですが、ピクニックには軽くて割れないウッドプレートがオススメです。料理も引き立ちますし、アウトドア感も出ると思います。

セカンドストリートには食器類も豊富に取り揃えていますので「ピクニックに似合うもの」という視点で探しても楽しいですよね! あ、このディップ美味しい! これ、なんのディップですか?

カボチャのディップですね。あとはアボカド、クリームチーズのディップ、ナッツの蜂蜜漬けもありますよ。この容器は、もともとは市販のジャムが入っていたものです。フタがしっかりと閉まりますし、サイズ感もピクニックにぴったりだと思います。

なるほど。ジャムの瓶ってカワイイのですが、結局捨てちゃうんですよね。こういう使い方、オシャレでいいですね! あとクラッカーに乗せて食べるだけで、ちょっと豪華なパーティー感が出るのもピクニック向きだと思いました。ちなみにこのピクルスもジャムの容器ですか?

そうですね。ピクルスは常備菜として作っていたものをそのまま持ってきました。フタが付いているので余ったらまた持って帰れるのもこの容器のポイントです。これならゴミを出さなくてすみますからね。

たしかにいつもなら料理が余っても持ち帰るのは大変ですもんね。それで結局ゴミになっちゃう。人気の公園はゴミ箱のまわりが悲惨なことになってしまうのでいいアイデアですね!

「どうやって使おう」と考えるのは、
再利用の楽しみ方のひとつ

常備菜といえばこのホーロー容器に入ったキャロットラペも、作り置きできるのでオススメです。ホーローはプラスチックと比べると多少重たいのですが、これがあるだけで料理の見た目がグンと上がるので、挑戦してみてほしいですね。今日は、レンコンとベーコン、クレソンのポテトサラダと、ラタトゥイユ、あとは先ほど紹介したキャロットラペを持ってきました。

そのまま器代わりになるので手間が省けて便利だし、彩りがキレイですね! そういえば、ピクニックといえばレジャーシートが定番ですが、今日はブランケットを使用されてますね。

実はこれ、私が前に自宅で使っていたものなんです。長く使っていて買い換えたのですが、柄がお気に入りだったのでアウトドアで使おうと思って取っておいたんですよ。お気に入りのアイテムを使えば、ピクニックってもっと楽しくなりますよね。こんな風に、「リユースできる」という意識を日頃から持っておくと、今まで捨ててきたものでも別の目的で再利用できるようになると思います。

なるほど。勉強になります。長く使用してきたものって愛着があるし、今回のように別の目的で再利用することもリユースのひとつだと思います。今日持ってきていただいた小物で、他にもリユースされている物ってありますか?

サンドイッチや食器を入れてきたこのカゴもリユースショップで見つけたものです。ランチョンマットやキッチンクロスなどの布を保護材として一緒に入れておけば、ガチャガチャ音もしないですし破損もしないのでオススメです。

ランチョンマットを敷くだけでも雰囲気が変わりますよね。外で食べるだけでも気持ちがいいのに、今日はいつも以上にご飯が美味しく感じました。あと、本当にゴミが少ない! 準備は少し大変かもしれませんが、ゴミが出ないのって気持ちいいですね。今度は自分たちでも挑戦してみます。各家庭のオススメ料理とか持ち寄っても楽しそう。

「これはこういう風に使ったらオシャレかも」「この料理、みんな喜んでくれるかな」って考え始めると、準備から楽しめるようになりますよ! なんとなく行き当たりばったりのピクニックも楽しいですが、今回みたいに気合いを入れたピクニックもいつもとは違う休日になって新鮮だと思います。リユースの食器たちは環境にも優しいですし、オシャレでSNS映えもしますしね(笑)。ぜひ皆さんもリユースショップでお気に入りのアイテムを探して、オシャレで大人な「捨てないピクニック」に挑戦してみてください!

今日は色々と勉強になりましたし、楽しかったです。ありがとうございました。

セカンドストリートでは、ピクニックにぴったりな食器や小物もたくさん販売しています。ぜひお気に入りを見つけて自分なりの「オシャレで捨てない」大人のピクニックに挑戦してみてはいかがでしょうか?

INTERVIEW GUEST
  • スタイリスト
    大関 涼子

    ファッション誌やブランドカタログなどを中心に活躍するスタイリスト。 2005年にスタイリストとして独立。等身大のスタイリングにファンが多く、 現在は女性誌を中心に活躍中。
    www.instagram.com/ryokoozeki/

Good!
この記事にGood!する