リユースでもっと楽しく! RECOLIFE リコライフ

驚きの商品エピソード!

セカンドストリートの
びっくり買取ランキングBEST5

セカンドストリートの豊富なラインナップを支えているのは、たくさんのお客さまのお持ち込みがあるからこそ。なかには、スタッフもびっくりするようなアイテムが飛び出すことも!?

どんな商品の買取が多いの?

最も多くお売りいただいたアイテムが衣料服飾品(※)。その数なんと、年間で3550万点以上!お気に入りだった洋服やバッグも時の流れとともにしっくりこなくなってしまったり、微妙にサイズが合わなくなってしまったり……ということはよくあることですよね。

衣料品に続いて多いアイテムは日用品の660万点以上!続いて、キッズ衣料品は360万点以上、ホビー・楽器用品は246万点以上など、さまざまなアイテムの買取を行っています。

そこで、これまで印象深かった買取エピソードを全国の店舗にアンケート調査。たくさんのお持ち込みのなかでも、スタッフが仰天した商品を筆者の独断でランキング化してみました。
※2015年度直営店舗の買取実績データに基づく(「ECOかいとり」を省く)

リユースショップだからこその出会い!
驚きのレアアイテム!

第1位 有名マンガ家直筆イラストの入った革ジャン(セカンドストリート穂高店)

「名作漫画『銀河鉄道999(スリーナイン)』の作者・松本零士さんがメーテルを手書きで描いた革ジャン。調べてみると、なんとこの革ジャン世界で3着しかない超プレミアムアイテムと判明しさらに驚き!」
これはファン垂涎のお宝グッズですね!こんな出会いがあるのもリユースショップならではの醍醐味。

第2位 イギリスのオーディオメーカー『TANNOY』のスピーカー(セカンドストリート茨島店)

「畳一畳よりも巨大なスピーカー、あんなに大きいものは初めて見ました……」
海外では「スピーカーといえばTANNOY(タンノイ)」とも言われおり、日本国内でもJBLと共に長らく輸入スピーカーブランドの双璧をなした超高級ブランド。不透明さゆえ、ある種のリアリティを感じさせる独特な音は、一部ファンの間では“いぶし銀”と評されています。そのTANNOYの巨大スピーカーとなればきっと、大迫力かつ心地良い音が体全体を包み込んでくれるでしょう。ぜひその音を実感してみたいですね。

第3位 リーバイス30s後期 701(セカンドストリート天正寺店)

「歴史あるアイテムを手に取り、触れることで、ファッションの知識やセンスが磨かれていくような気がします!そういったスタッフがセカンドストリートでは多いんです!」
1934年、Levi's(リーバイス)は世界初の女性用ジーンズ「Lady Levi's jeans」を発表。その最初のモデルが「701」です。1930年代のオリジナル商品が、米国ではなく日本で手に入るってすごいですよね。このほかにも、ヴィンテージのGジャンやアクセサリーなどといった、価値ある商品が並ぶことも少なくありません。

第4位 王冠のレプリカ(セカンドストリート茨島店)

「キラキラとした装飾が施された、歴史を感じさせる王冠。お客さまが韓国で購入したもので、店頭に出してわずか1日で売れてしまいました」
購入されたお客さまが現在どのように使用しているかを想像すると楽しくなりますね。インテリアとして飾っても部屋がぐっと華やかになりそうです。

第5位 カリモク60(セカンドストリート小山店)

「人気の家具ブランド『カリモク60』のソファを10点まとめて買い取りました。一度にこれだけの数量というのは、なかなかない経験でした」
カリモク家具が1960年代に生み出した普遍的なデザインの製品を、当時のまま復刻したのが、カリモク60。さりげない温かさと、流行に流されないデザインで人気ですよね。そんなカリモク60は、憧れのブランドだけどお値段もそれなりに張ります。でも、セカンドストリートで買えば手が届きやすいはず!

こんな珍アイテムの買取も!

さらに、こんなユニークなアイテムの数々も。一挙にご紹介しましょう!

「甲子園の砂」(セカンドストリート岩沼店)

選ばれし高校球児のみが手にすることができる、夢と青春が詰まった一品ですね。ただし、残念ながらこちらは買取不可だったとのこと。

「自作の木彫りの仏像」(セカンドストリート坂之上店)

お客さまが「自分で作った物にいくらくらいの値段がつくのか知りたかった」という好奇心で持ってこられたそう。お気持ちはうれしいのですが、こちらも買取不可だったそう。

「ジブリの人気キャラクターの置物」(セカンドストリート敦賀店)

キャラクターアイテムが人気のジブリ作品。しかし、敦賀店に持ち込まれたのは、6000万円の生命保険プランに加入するともらえる非売品のグッズ!ファンでも入手困難な激レアアイテムですね……。

「某人気猫キャラクターのご当地ストラップやマスコット」(セカンドストリート小杉店)

こちらもグッズ収集している方が多い人気のアイテム。その点数は、なんと計800点以上。この持ち込みだけで、店頭に専門コーナーが1つ出来上がったとか!?

このように、日用品からコレクターもびっくりのプレミアムな商品まで、セカンドストリートではさまざまなアイテムを買い取りしています。「値段なんてつかないだろうな……」と決めつけるのはもったいない!いらなくなった品物があれば、いつでも気軽に店舗に持ち込んでみましょう。

Good!
この記事にGood!する

ライター紹介

関紋加

有限会社ノオト所属の編集者、ライター。 得意分野はライフスタイル、美容、健康。企業のオウンドメディアを中心に執筆・編集を行う。